耳学問のススメ

6/19
万博公園にあるIMI大学院スクールの公開講座に行って来ました。
デザイン史と写真史の講義に出席。入門者の自分にも分かりやすかったし、楽しめました。
今回のデザイン史はイームズの話。講師は今年の春、大丸ミュージアムでやってたイームズ展の監修してた藤田治彦って人。残念ながら展覧会は行ってなかったけど。イームズ夫妻つまりチャールズ・イームズとレイ・イームズの紹介。
写真史は畑祥雄って人が講師。1960〜70年代の写真の動向。客観報道から主観的写真への流れについてスライドを使って。

耳学問は一人で本読むより断然吸収率が良いです。文字を目で追うのではなくて、人の話を耳から聴くとスルスル入ってきます。ひとコマ90分1000円って新書1冊買うのと比べるとは割高だけど、映画1本観るよりはおトク感あります。美術史や建築史のコマもあるし少し通ってみようと思ってます。たまにはアカデミックな空気を吸って現実逃避も良いものです。人の話に引き込まれる感覚ってなかなか気持ちの良いもので。
[PR]
by noart_nolife | 2005-06-20 00:06
<< つなぎます。"mus... 「純粋絵画は音楽に近づく」 >>