世界平和は可能。

7/10 国立国際美術館のゴッホ展行って来ました。
来週末で終わるから長蛇の列で入場60分待ち。やっぱり人気ですね、ゴッホは。2003年に兵庫県立美術館でやってたときも行きましたが、そんときも人多かった気がします。だって単純明快、予備知識なしでも画面のみで充分魅力的だから。独特のタッチ、厚塗り具合い、強烈な色彩。画面に引き込まれて動けなくなるだんだん鼓動が速くなる興奮して汗出そう。一枚の絵、絵の具の固まりがこんなにも惹き付ける。大胆なタッチ、そのひと筆を引いた瞬間の絵筆、手、そのゴッホという人間を感じずにいられない。圧倒的な生々しさ。そりゃ何分待っても観に来るわ。
みんなゴッホが、絵が、好きなんですね。ほんと世界平和も可能なんじゃないかって気がしてきます。

ゴッホが面白かったのは予定どおりですが、同時にやってたドイツの木彫りの現代彫刻家シュテファン・バルケンホールにはやられました。荒削りで且つ単純な着色。普通のポーズの普通の表情の普通の人物。でも笑える。どこかしら滑稽さがある。なぜか説明し難い。バルケンホールは良いとは聞いていたけどすっかりやられました。すっかりファンになりました。現代のアート作品ってなにかしら説明や予備知識が無いと楽しめないものも多いですが、その点バルケンホールは木彫り彫刻っていうなじみの手法で素直に楽しめる。ゴッホを観に来てついでに寄った老若男女が、皆ニタニタ笑顔を浮かべて作品を鑑賞してる。なかなかないです。たぶんこの「よく分からない滑稽さ」みたいなものがすごく大事で、これこそがアートの肝なんだと思います。

今日は良いもの観ました。良いものは良い。バルケンホールのカタログ完売してたし。残念だけど嬉しかったです。やっぱり世界平和は可能だわ。
[PR]
by noart_nolife | 2005-07-11 02:40 | 美術
<< 京都 寺ツアーvol.1「東寺... つなぎます。"mus... >>