京都 寺ツアーvol.3 「 円通寺」2006.6.4

地下鉄烏丸線の終点、国際会館下車。
参加者2名徒歩で円通寺を目指す。
歩くうちに、あれ?住宅街。あれ?竹林。
着いたところは、神社。ちがう!!!
神社の隣の家のおばさんに道を尋ねる。
実は円通寺の墓地はもう見えていた。目指して歩くのみ。
あれ?行き止まり。人ん家の庭じゃん。
あれ?あれ?だんだん墓地が遠のいて行く。
あれ?見えなくなった!「タクシー!!!」

やはり歩いて辿り着けませんでした。

円通寺は後水尾院の別荘を寺に改めたものです。
後水尾院は江戸時代最初の天皇、つまり徳川幕府の最も力がある
に時代に天皇やってた不遇な人。だいぶ長生きはしてるみたいですが。
その間、日本庭園の双璧のひとつ修学院離宮(もうひとつは桂離宮)を造ってます。
その修学院離宮のプロトタイプが円通寺にあたります。

円通寺庭園のいちばんの特長は比叡山を借景としているところ。
比叡山が最も美しく見えるとこを選んで造ったのだと言われてます。
b0042403_0471450.jpg

庭を前にして畳に座する。遠くには比叡山。
上品な空間。時間がゆっくり流れている。五感が鋭くなっていく感じ。

「ガガガ、ガガガガー」

宅地造成のブルドーザー音が遠くから。
こうして貴重な「景観」は減って行くのでしょうね。

秋に行けば比叡山の色も違うだろうし、良いかも。

そろそろ次は、仏像メイン?庭ばっかりじゃなくて。
[PR]
by noart_nolife | 2006-07-08 01:22
<< 世界のフジタ 京都 寺ツアーvol.2「南禅... >>