<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イメージ勝負の世界

1/30天保山のサントリーミュージアムで「ロートレック賛歌 ポスター芸術の魅力」展を観て来ました。さすがサントリー(企業ロゴ変わったらしい)。展示空間が素敵。側面の白壁がすべてあずき色のカーテンで覆われていて、それっぽい間接照明が。にくい演出。ロートレックが描いた19世紀の劇場とまでは言いませんが。そういう楽しませ方をちゃんと分かってる。見せ方がうまい。
そういえば、サントリーミュージアムは建築家ジャン・ヌーベル展以来です。その時もやたらかっこ良かった印象が残っています。図録はとりわけ良い出来でした!こんなに誉めるのは、去年サントリーウーロン茶でiPodが当たったから(ありがとうサントリー!!!→ミュージックライフに大変革。それまでカセットユーザーだったので。)、というわけではありません。
ロートレックは19世紀末に活躍したポスター作家で、作品は31点しかなく38歳で亡くなっている。描いたのは主にムーランルージュなどパリの劇場の宣伝ポスターで、自転車チェーンの広告や雑誌、展覧会のポスターも手掛けている。
構図は人物がメイン。宣伝すべき人物とその名前。そしてタイトル。それだけ。だけ。すごくシンプル。すごく単純。構図が絶妙。
当時の印刷はリトグラフ。石版の多色刷。印刷機も展示してありましたね。色数だけ石版がいるわけだがら、色彩は制限がある。自由なのは線。だからこんなにも自由で伸びやかなで絶妙なラインを見せてくれたのでしょうね。
ポスターってただの紙。大きかろうが小さかろうがぺラっとした一枚の紙。大量に刷られて街角に貼られるものだから、通りがかりの人間にいかにアピールして足を止めてもらうか、イメージを刷り込めるかが勝負の世界。イメージ勝負。ある意味絵画よりシビアかも。時には剥がして盗みたくなるほど素敵なイメージがのっかることもある。実際、ロートレックの時代にもポスターは盗まれたらしい。
ポスターってすばらしい。
今回の図録は中身同じ内容で2タイプ。表紙文字が光沢で小口が白バージョンと文字がマットで小口がピンク色バージョンでした。やるねえ。
[PR]
by noart_nolife | 2005-01-31 03:27 | 美術

eiden

京都の恵文社って本屋へ行って来ました。ホンマタカシの「きわめてよいふうけい」 の写真展やってるというので。大きいサイズのプリントが壁に直貼りで5枚ほど。あとは中平卓馬のショートホープの箱に描かれたメモのような作品。こじんまりとしてました。ドキュメンタリー映画の方を観とかないと内容についてはコメントできないかな。もう神戸アートビレッジセンターとかでしかやってないかも。
でも久しぶりに写真を見ましたが、良いですね。写真ってみずみずしいし、なまなましい。特にカラーだと。印刷物と違って、やっぱり。写真集にしてもなんにしても、オリジナルがあるわけで。印刷は印刷でしかなくて、いかに似せて複製するかって世界なわけで。
でも、だからこそ、叡電まで乗ってわざわざ来てしまうのですが。
[PR]
by noart_nolife | 2005-01-24 02:58

アイ・パワー

1/16(日)中之島のgrafで奈良美智の個展を観てきました。作品の点数は少なかったのですが、新作が見られて良かったです。描かれているのはいつもの女の子ですが、前以上に「目」に力が入ってて描写が細かくなってました。繊細さが増した感じ。例の女の子が成長したようにも見えます。今まではリアルさを出さないようにあえて細部を描かないようにしてたんだろうけど。個人的には好きですね。新しい傾向の方が。どんどん変わって欲しい。そして新しいものを見せて欲しいと思います。

話は前後しますが、

1/9(日)草間弥生を観に京都国立近代美術館行ってきました。前の横浜トリエンナーレで、銀の玉が水辺に浮かんでるのを見た以来、まとまった彼女の作品をみるのは初めてでした。一言で言ってしまえば「水玉」をモチーフとした作品達なわけですが、それが「気が遠くなるくらい」あると強さを持ってきます。大事なのは、その「気が遠くなるくらい」であって、電飾とミラーを用いた作品にも繋がるテーマです。

奈良の女の子も草間(本人!)も観る側にいるはずの僕らをギロッと見つめます。お前は何者なんじゃ!と。緊張感。アートってどきどきします。今年2005年も“NOART,NO LIFE"ってことで。
[PR]
by noart_nolife | 2005-01-17 01:13 | 美術