<   2005年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「純粋絵画は音楽に近づく」

5/15名古屋ダイヤモンドホール
クラムボンライブ行ってきました。
良かったあああ。でもムリ。どこがどう良かったって音楽を言葉で説明するのは自分には無理。専門外。ただ郁子さんが嬉しそうに楽しそうに歌ってたとか見えたことしか言葉にならない。良し悪しは言えない。音楽に関しては好みでしかない。いい気分が味わえたかどうか。身を躍らせたかどうか。それは、イエス。

学生のときを思い出しました。絵を描くにはBGMが必要で、なんちゃってジャクソン・ポロックな即興をやってる時、よく部室でクラムボンかけてました。アドレナリン出まくりで筆がよく進む、進む。思い出すだけでちょっと興奮します。
ちょっと久しぶりに描きたくなってきた。絵の具こねたり、絵筆を走らせたくなる。クラムボンって自分にとってそんな音楽。
[PR]
by noart_nolife | 2005-05-16 02:23 | 音楽

直島

5/4GW 行ってきました。日帰りで。直島へ。
AM7時半に梅田出て、ロングドライブ。岡山県の宇野港からフェリーで20分。直島に着いたのはPM1時前でした。

住宅街の中にある「家プロジェクト」を缶ビールをひっかけつつ(天気がよくって)、得意の?オリンパスペンでカシャカシャやりながらぷらぷら歩きまわり、地中美術館で長蛇の列に並び、ベネッセハウスから夕日を眺めつつ男二人で来るんじゃなかったとお互い少しだけ後悔。PM8時25分の最終フェリーまで動き回った慌ただしい一日でした。

作品的にいちばん良かったのは、地中美術館にあったモネの「睡蓮」。地中美術館自体に作品は3つしかなくて、そのうちの1つは長蛇の列で結局あきらめたけど、その代わりモネはしっかり観ときました。真っ白な部屋に巨大な「睡蓮」が5つ。圧倒的にパワフルなんだけどなぜか落ち着く。画集なんかで想像するのとタッチのスケール感が違って、描き込んでるんようで実は結構大ぶりの筆使ってわっさわっさか描いてました。ぼーっと観てたら閉館時間で、自分達以外にモネの部屋に誰もいなくなって、贅沢な気分を味わってしまいました。地中美術館建物自体が安藤忠雄の作品ってことをとっても主張してて、作品数は少ないけど満足度は高めでした。

素敵な島でした。直島。アートそれ以外に何もなくて。全然ギラギラした観光地らしさがないし、都市部の美術館で出会う見た目も存在もうるさい中高年女性集団もいないし。ほんとにアートが好きでわざわざ海渡ってまでアートを見たい人間しか来ないような島ってほんとにあるってことがすごく嬉しい発見でした。
ひとつ作品見逃したので、また行く理由が出来たかなと。次は一泊してビーチでゆっくりしたり、美味しい魚でも食べたいものです。その時はベネッセハウスで特別展してる時期を選んで。常設展示は特に目を見張るものが無かったし。夕日は良いよ。夕日は。
[PR]
by noart_nolife | 2005-05-09 02:07 | 美術